ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

並行して、もう1曲練習することになりました 

6月22日のレッスンです。

今週は、次の生徒さんがいらっしゃるため、レッスンは30分でした。

しかも、次は何の曲を練習するかの話で、レッスンの70%を占めてしまいました。

バラ1もそれなりに弾けてきましたが、先生的にも自分的にも、まだまだ相当ありゃりゃ?な出来なので、

並行して違う曲もやりましょう、ということになりました。

30分で2曲もできるのかな?

通常の30分レッスンでは、2曲見ていただくのは時間的に難しいと思われるので、

「今日はこっちだけやりましょう」もしくは「部分的(出来ないところだけ)に見ましょう」で、

次の生徒さんがお休みの時とかに、「今日は両方見ましょうか」という感じになりそうです。

本当に、1時間くらいレッスンしてもらいたいなぁと最近よく思いますね。


先週、先生から弾きたいと思う楽譜を持ってきてくださいと言われました。

えぇぇぇ~?どうしよう!!?(・Д・`;三;´・Д・)アワワワ…

ラスボス曲がなくなるとこんな調子になりますね。

次に何を弾きたいのか?「うーん」と悩んでしまいました。

たまには違う作曲家の曲でも…とも思ったのですが、

結局、ショパンのノクターンとポロネーズ(いずれもパデレフスキー版)の楽譜を持っていきました。


弾きたい曲として、
〇ノクターン  op.9-1 op.27-2 op.48-1
〇ポロネーズ  op.26-2


あたりで、私がなんとか弾けそうな曲を先生にお聞きしました。

ちなみにショパンで練習したことのある曲は
〇ワルツ op.18 op.64-1,2,3 op.69-1,2(いずれもフォンタナさんが手を加えた通常version)
     BI-44 As-Dur(ヘンレ版だと14番)BI-56 e-moll(ヘンレ版だと16番・ワルツ14番と言われている曲)
〇ノクターン op.15-2 op.55-1
〇ポロネーズ op.26-1


と、まぁこんな感じ。ずいぶん偏っているなぁ(笑)

ワルツばかりやたら練習していますが、ワルツはショパンの入門として入りやすいんでしょうね。

ショパンは難しい=練習曲たくさん弾いて、テクニックがつかないと弾けない

と思っていたので、(そういう曲もたくさんありますが)そこはかなり嬉しい誤算でした。

最初に練習した、いわゆるファースト・ショパンはワルツop.69-2です。

ピアノを再開して1年8か月目。ツェルニー30番の10番あたりを弾いていた頃です。(私もまだ若かった…しみじみ…笑)

ソナチネ数曲練習したのちの、いきなりのショパンです。中間部のシャープ5個はビビりましたが…。

シャープがたくさんついている調の曲なんて、バイエル以来かも…?


そういえば、バイエルで謎がひとつ。後半に音階が出てきますが、

シャープ系の曲はG-Dur(♯1個),D-Dur(♯2個),A-Dur(♯3個),E-Dur(♯4個)と4つもあるのに、

フラット系はなぜF-Dur(♭1個)だけなんですかね?

♭2個以上だと、右手の2の指から音階を弾き始めるからなのか?(原因はおそらくこれかも?)


ワルツでもうひとつ。

いわゆるワルツ14番と一般的に言われている曲ですが、この曲に関して、笑える失敗?談があります。

先生から、「次はショパンのワルツ14番を見てきてください」と言われたときのことです。

この曲のまえに何を練習していたか記憶がないのですが、

とにかく、その場で「この曲ですね」と確認ができなかったということは、

ショパンではない作曲家の曲を練習していたということになります。(ドビュッシーの曲だったかも?)

家に帰って、ワルツ14番のページを開きました。

「…知らない曲…。聞き間違い?16番のことかな?でも確かに14番って言っていたよなぁ…」

今なら、先生に確認のメールを入れるところですが、

当時はポケベル全盛期。もちろん、ポケベルなんて私は持っていませんでした。

「何かヘン…」と違和感を覚えながら、とりあえず練習していきました。

翌週のレッスンで、私が開いたページを見て、先生自身も「あれ!?」目がテンになっていました。

私が持っているワルツの楽譜はヘンレ版でして、それだと、先生が指示した曲は16番なのでした。


ショパンワルツ・ヘンレ版14番 ← ヘンレ版ワルツ14番 BI-44 As-Dur(モアレ線が酷すぎ…汗)
ショパンワルツ・ヘンレ版16番 ← ヘンレ版ワルツ16番 BI-56 e-moll(通常ワルツ14番と言われている曲)

結局、ショパンが子どもの頃に作曲したと思われる「ヘンレ版14番」も、そのままレッスンしていただきました。

そのあと、「ヘンレ版16番(笑)」もちゃんと練習しましたよ~。


結局、並行して練習する曲はノクターンのop48-1にしました。

後半、なんだかめっちゃ難しいや…。ちゃんと脱力して弾かないと腕が疲れそうだなぁ…。

またもや「早まったか!」と思いましたが、いつも通り、体当たりの肉弾戦で行きます。

で、譜読みを始めましたが、いまひとつエンジンのかかりが悪い…。燃え尽き症候群か?



バラードは時間がかかってもいいから、全曲トライしてみようかなと思っています。

(と、言いながら楽譜を見る)………ふしゅ~っ(魂が抜ける音)

………やっぱり無謀な挑戦ですかね? (^▽^;)ゞ にゃはっ

2番は、速いところがかなり大変そうだな、と敬遠気味ですが、曲自体は嫌いではありません。

3番も良いけど、やっぱり4番を弾きたいなぁ…。4番は先生の許可がおりそうもありませんが…。

バラ4はレッスン室のドア越しですが、

先生が弾かれているのを聴いて、むちゃくちゃ惚れ直してしまったのです。(・∀・)カコイイ!!

それにしても、生演奏の影響力は絶大ですね。

と、大風呂敷を広げてみましたが、永遠にかないそうもない課題かも?って、どんだけ弱気になるんだ?



いつもありがとうございます。なんだか燃え尽きてしまっています。しかも不完全燃焼…(笑)
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/06/23 Sun. 19:36  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 6

top △

コメント

こんばんは、お邪魔します!

恥ずかしながらノクターンのop48-1を知らなかったので、
ようつべへ行ってきました。

うん、やっぱりkusuさまレベルの方が弾く曲だ。

と思いました。特に後半がすごいですね。
大変そうですが、陰ながら応援しています。

私は8月に小さな発表会があります。
その時に弾く曲のことはもちろん良く考えるのですが、
その後はおそらく違う曲を弾く事になるだろうと思い、
ちょっとドキドキしています。

個人的にはベートーヴェンソナタかショパンワルツに行きたいなー、
とは思いますが、身の程知らずな視線を浴びたら恥ずかしいので、
先生のおっしゃる通りに進むと思います。
ネットではよくしゃべるけど、現実世界ではグイグイいけない性格なんです(´∀`)

また伺います!

akimerman #- | URL | 2013/06/23 22:27 | edit

akimermanさま いつもコメントありがとうございます。

> 恥ずかしながらノクターンのop48-1を知らなかったので、
> ようつべへ行ってきました。
op.48-1は、ノクターンの中では全然メジャーな曲じゃないので、
知らなくても全く恥ずかしくないですよ。

忘れていました。そうだよ、ようつべ…!
で、私も見にいってきました。
………背中に冷たーい汗が流れました。
やばい、バラードで大変な思いをしているのに、私ってば全然懲りていないわ。
相変わらず、自分の能力を全然わかっていないと思いました。
自分の能力を過信するにも程があります。
でも、ようつべで「おぉっ!そういう弾き方もあるんだ。いただき!」と思ったところもありました。
上手な人の演奏動画は、参考になるところがたくさんありますねぇ。

> うん、やっぱりkusuさまレベルの方が弾く曲だ。
> と思いました。特に後半がすごいですね。
> 大変そうですが、陰ながら応援しています。

励ましのお言葉、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
個人的にはこういう暗ーくて、重ーくて、ちょっと激しい曲が大好きなのです。
また弾くだけで必死になり、余裕ゼロになりそうです。

ノクターンでは、この曲がダントツに好きです。
最近は、性格と真逆な曲ばかり選択している感じがしています。
先生は「弾いたことないのなら、有名なop.9-2のノクターンはどう?」と
おっしゃってくださったのですが、どうも美しい曲というのが上手く弾けなくて…
どこかに烈しい部分がないとダメなんですね。
表に出せない、抑圧された感情をピアノで発散させているんじゃないかと思うようになってきました。
小心者なので、人に物申せないもので…。内向きの性格は困っちゃいますね。
こんな性格のせいか、仕事中よく胃が痛くなってます(笑)

> 私は8月に小さな発表会があります。
> その時に弾く曲のことはもちろん良く考えるのですが、
> その後はおそらく違う曲を弾く事になるだろうと思い、
> ちょっとドキドキしています。
> 個人的にはベートーヴェンソナタかショパンワルツに行きたいなー、
> とは思いますが、身の程知らずな視線を浴びたら恥ずかしいので、
> 先生のおっしゃる通りに進むと思います。

初発表会ですね。人前で弾くのって緊張しますよね~。
曲は確か、今練習されている曲でしたか?(記憶があいまいですみません)
次回の曲は、密かに練習されていた曲を先生に聴いていただいたらいかがでしょう?
大好きな曲なら、練習に気合いが入りますよ。(コレ煽ってますよ!ふふっ…)

> ネットではよくしゃべるけど、現実世界ではグイグイいけない性格なんです(´∀`)
私もそうですよ。もともとお喋りなほうではないので、
現実世界では、ブログの10分の1も会話しないです。
おしゃべりしないことを苦に思わない性格と、周りには思われているようです。

> また伺います!
ありがとうございました。更新サボりがちですが(汗)、ぜひまたお越しください。

kusu #- | URL | 2013/06/24 00:22 | edit

こんばんは、お邪魔します!

すみません、発表会の曲書くの忘れてました。
失礼しました。
ご推察のとおり、いまやってるソナチネです。
もうちょいなので仕上げられるようがんばります。

※すみません、
曲のことを書いておきたいと思っただけなので、
ご返信は不要ですよ(*´∀`*)
お邪魔しました!

akimerman #- | URL | 2013/06/24 21:29 | edit

発表会、頑張ってください

ご連絡いただき、ありがとうございます。

努力家のakimermanさまのことですから、
きっとすばらしい演奏になるのではと思います。
練習の成果が出せるよう頑張ってください。
発表会で、自分のベストが出せると良いですね。
応援していまーす(´▽`)

舞台度胸を付けるためにも?
楽器屋さんに冷やかし半分、本気半分で行かれて
グランドを弾きまくってくるのも良いかと…

kusu #- | URL | 2013/06/25 01:32 | edit

48-1に決まったんですね!
「ショパンは今夜も苦悩して眠れない」的な夜想曲ですね。
いいですねー、特に後半、かっこいいです。
なんか、私もノクターンのどれかに挑戦したくなってきました。
その時にはアドバイス・指南を宜しくデス。

前回の記事で「弱い自分に負ける」とか
「家での練習好調→レッスンひどい」って
私なんか、いっつもですよ。
上手くスイッチが入る時って20回に1回くらい・・。
どうにかならないですかね~。
弱い自分に負ける、なんて、相当弱いですよねぇ。

では、また来ますねー。

ひさへ #- | URL | 2013/06/26 16:47 | edit

ひさへさん いつもコメントありがとうございます。

> 「ショパンは今夜も苦悩して眠れない」的な夜想曲ですね。
おぉ!言われてみると確かにそんな感じの曲ですね。
なやみがないわけじゃないですが、私は毎日爆睡です。ショパン様に申し訳ない?

後半弾けるのかな~とすでに弱気…。
音読みを始めていますが、月末でまた仕事が忙しいもので、
練習時間が取れず全く進まない。コマッタっす…。
弱い自分に負けるレベルにすら達していない。
土俵にすら上がれません(汗)

ノクターンはあまり練習していないですが、
ワルツのほうが、とっつきやすい感じがします。
ワルツは有名な曲たくさんありますものね。
練習した中では(2曲しかないですけど…笑)
op.15-2の、中間部の木漏れ日というか、
木々の葉を揺らす風のような感じを思わせるところが、
すんごく難しかったですね。
力抜いて弾ければとっても素敵なところですが、
ついに脱力して弾くことが出来ませんでした。腕ガッチガチ!
ここ弾くだけで疲れ切ってしまったという、情けない思い出があります。
今度の曲は情けない思い出にならないようにしたいなぁ…

kusu #- | URL | 2013/06/27 02:02 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/70-e6326a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △