ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

中学~高校時代に習った曲 

暑いのが嫌いなのに、なぜか寝室にはエアコンがありません。

「エアコン付けて寝たら、体に悪そうだからね」と周りには言っていますが、単に買ってないだけ。

ここ数日、夜が涼しいですが、(17日の朝は、「寒っ!」と目が覚めたくらいです。)

熱帯夜だと、毎朝汗まみれの状態で目ざめます。まさに汗だくです。

丼物の「つゆだく」は美味しいですが、暑さのあまりの「汗だく」はいただけない。(やっぱり暑さで頭やられてるでしょ?)

枕元にスポーツドリンクを入れた水筒を置いて、

夜中に「あっつうー!」と目が覚めてしまったときに飲めるようにしておきますが、

身体が完全に脱水状態になっているのがわかります。口の中カラッカラだし…。

熱中症で、眠ったまま昇天しないよう気を付けないと。

この話をピアノの先生にすると、

「エアコンがあるリビングで寝たほうがいいんじゃないですか?」と心配されます。

寝室に涼めるものが何もないので、扇風機くらいリビングから持ち込むかな…。

っていうか、エアコンくらい買えよ~!ですよね。(;´∀`)


昔習った曲です。

ブログネタ無くなってきたでしょ?とか言わないで~。だって正解なんだもん。(´∀`*)ウフフ


中学3年9月~高校1年4月

 〇バイエル…3~31、35~40、44~62、64~85、87~106

    習い出したのは中学3年の9月からです。
    何回もこのブログに書いていますが、当時家にはピアノはおろか、オルガンすらありませんでした。
    今みたいに、電子ピアノが数万円で買える時代であったら、
    ピアノを中断させることなく続けていただろうし、
    もう少しまともに弾けるようになっていたかも?と思うと、これはもう、ものすごく悔しい!
    しかし、短い間であっても、習わせてくれたことについては、親に感謝しています。
    当時の月謝4,000円は、結構高額だったと思うから。

    100%学校のピアノだけで練習しました。
    部活で合唱をやっていたので、部活練習後に弾いたり、
    日曜日もピアノを弾くためだけに学校に行ったりました。
    最初の難関が16番。左手が15番までにはなかった動き(と言うほどではないですが)で、
    最初ちょっと指が混乱しました。すぐ慣れましたけどね。
    62番は音をよく外しました。音が飛びまくるこの曲は難しかったなぁ。
    100番は、ほかの曲より練習する時間が作れたせいもあり、ほぼノーミスで弾けて、
    丸をたくさんいただきました。今ならさしずめ「花まる」というところでしょうね。
    普段が普段なだけに、普通なら当たり前のことなのに、先生にいたく感動されました。
    よほどひどい生徒だったんだな。(;・∀・)ナサケナイ…
    106番だけは、これバイエルのレベルじゃないでしょ?という感じがしました。

    それにしても、100%出張練習だけで、よく終わらせることが出来たなぁと、今でも感心しています。
    出来は練習時間が少なすぎで、当然最悪でしたけどね。
    先生も教えがいがなかっただろうなぁ。
    中学の時の同級生に「ピアノを習い始めたんだよ~♪」と何気に話してしまったら、
    よく「バイエル終わった?」とか冗談っぽく言われました。
    励ましの気持ちもあったのだろうと思いますが、言われるのが嫌でね。
    ちょっとだけ気合い入れましたが、
    結局、中学卒業するまでに終わらせることはできませんでした…。

       
結局バイエルを終わらせるのに8か月もかかりました。

過去記事にも書きましたが、そのあとがハノン・ツェルニー30番・ブルグミュラー25の練習曲・

ソナチネの4冊となり、バイエル1冊でも持て余していた私は、当然続けられず、

ピアノ習いだして、ちょうど一年でリタイア…。



高校1年5月~8月

 〇ハノン…1番~4番

    指の練習曲で、譜読みが簡単なこともあって、いちばん真面目に練習していきました。
    スタッカートやリズム練習も課題で出されました。
    よく本の後ろのほうを見ては「コレ弾けるようになるのかしらん?」とビビっていました。



 〇ブルグミュラー25の練習曲…1番~4番
       
    2番の「アラベスク」は有名ですね。左手が動かなくて、指が転びまくっていました。
    とにかく4番が難しかった!1-4と2-5で6度を弾くのがきつくてね。
    手が小さいうえに、力がガチガチに入ってしまって、
    弾き方のマズさで難しさのレベルを勝手にあげてました。
    この曲は、1年半前に怪我のリハビリでもう一度弾きましたが、あっさり弾けて驚きました。
    っていうか、弾けないほうがよほど問題ですが…(笑)



 〇ツェルニー30番…1番、2番
      
    練習曲嫌いはこの時期からありました。あまりの弾けなさに、わざと楽譜を持っていかなかったり、
    とんでもない生徒でありました。(ゴメンナサイ、反省してます、ハイ)



 〇ソナチネアルバム1…クレメンティop.36-1の1・3楽章・クーラウop.55-1の1・2楽章

    クレメンティはソナチネアルバム1巻の7番、クーラウは4番です。
    4番のソナチネは結構好きだったなぁ。
    約9年ぶりにピアノを再開した時に、この曲を練習していきました。
    再開後にこの曲はもう一度練習しています。
    4番の2楽章は一部記憶が怪しいところはありますが、今でもなんとなく弾けます。
    
    
 
 ピアノのレッスンはやめてしまったけれど、
 バイエルの最初のほうにある、先生の伴奏譜で遊んでいた形跡が
 楽譜に残っています。仲間に生徒役やってもらって、連弾したりとかしていました。

 この9年のブランクは実にもったいなかった。もう少し早く再開すれば良かったなと今も思います。



いつもありがとうございます。「後悔先にたたず」を身を以て経験したわたくしです。
banner (1)

関連記事
スポンサーサイト

2013/07/18 Thu. 02:35  edit

Category: ピアノの思い出

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

眠ったまま昇天しないように・・・で笑ってしまいましたが
睡眠をとるのも何だか命がけですね・・・。
以前、8月の初めに東京のホテルに泊まった時
暑くて窓を開けて寝たんですけど、
窓を開けたら更に暑いんですね。
暑くて暑くて、眠れませんでした。
こっちは暑い時は窓を開けるんですが、
違うんですね。カルチャー・ショックでした。

ネタがなくなった時、過去に弾いた曲を
思い出しながら書くのは、自分にとってもイイ事だと思います。
私もネタがなくて、過去の曲を書いたけど、色々とたくさんの
収穫がありましたよ。
反省や初心に戻ったりとか、これからの事に役立つと思うな。
テンションも高くなってよりピアノが好きになったような。
過去を振り返るのって、たまにはいいもんです。

しかし、kusuさん努力家ですね。
感心します。
9年のブランク、今となってはもったいないかもしれませんが
もしかしたら『今、ピアノに一生懸命なkusuさん』への助走だったのかも。
私もピアノでの「後悔先に・・・」はいっぱいあります。
なぜ、ピアノではなくエレクトーンだったのか?とか、
最初に習った時、ポップスばかりではなくクラシックも
精力的に勉強すれば良かった、とか。
もう、たくさん後悔があります。
でも、当時は「そうしたかった」んですよね。
だから、仕方ないですねー。

あー、もう2時間もPCの前にいます。
ピアノ関係のブログばっかり読んでて、
ピアノ練習しなきゃー。

じゃ、またねー。
虫関係も、ちょっと期待してます。

ひさへ #- | URL | 2013/07/18 10:10 | edit

ひさへさんへ あの時の情熱は凄かったなぁ、と我ながら思います。

> 以前、8月の初めに東京のホテルに泊まった時
> 暑くて窓を開けて寝たんですけど、
> 窓を開けたら更に暑いんですね。
> 暑くて暑くて、眠れませんでした。
> こっちは暑い時は窓を開けるんですが、
> 違うんですね。カルチャー・ショックでした。
東京は夏場はヒートアイランド状態になっていて、
コンクリートに蓄積された熱のせいで、夜になっても気温が下がりません。
下手すると、夜のほうが暑かったりします。
ホテルとかは窓が1つしかないため、開けても風が抜けません。
室内の空気が動かないので、余計暑く感じられたのかもしれませんね。
私が住んでいるところも、暑ければ窓を開けますよ。


昔はテンションがものすごく高かったですねぇ。
身体も心も一番伸びる時期だったからこそ出来たのだと思います。
今、自分が昔と全く同じ環境におかれたら、
絶対ここまでしないというか、出来ないと思います。
悲しいかな、心に体がついて行かないというか…。

でも、当時、本当にかなり悲惨な状態で、毎週レッスンに通っていましたよ。
ほとんど弾けない状態でしたからね。テンションもうなぎ下がり…?
先生も教えがいがなっただろうな、と本当に思います。
まぁ、これに関しては今もさほど変わりませんが…(汗)
1週間じゃ、進歩感なんて全然と言っていいほど感じられません。
2~3週間くらいで、ようやく手探り状態から抜け出せそうかな?と思うくらいのゆっくりさです。

続編として、再開後シリーズもやりたいと思っています。
曲の好き嫌いがはっきりしすぎて、我ながら笑ってしまいます。
「どういう曲が弾きたいですか?」とピアノの先生に聞かれたとき、
何曲か、烈しい系の候補をあげたら、
「そういう感じの曲が好きなんですか?」とちょっとびっくりされていました。
激しい系は難曲が多いからねぇ…。
先生も「何を無理っぽいことを言っているのか…?」と思われたのかも。
「亡き王女のためのパバーヌ」みたいな、
ちょっと穏やか系の曲が好きなのだと思われていたようです。
あ、この曲は好きですよ。そのうち練習してみたいと思っています。
ちなみにガラケーのメール着信音が「亡き王女の-」です。

kusu #- | URL | 2013/07/19 02:01 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/78-8f680105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △