ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

8月17日のレッスンは、やはりいつも通り…(笑) 

お盆に、実家へ帰省(寄生?笑)しました。

8月14日(朝行って夜遅くに帰宅)と、16日の午後に行き1泊し、17日の午前中に帰宅しました。

同じ県内ですし、電車の乗り換えが上手くいけば1時間もかからずに行けてしまうので…。

実家は緑が多いせいか、いま自分が住んでいるところより、涼しい気がします。

残念ながら、「ヌシ」さんにはお会いできませんでした。せっかくデジカメ持って行ったのに…(笑)

コメントまで読んでくださっているかたなら、内輪で説明しているのでご存知かと思いますが、

「ヌシ」というのは「アシダカグモ」のことです。

「軍曹クモ」とも呼ばれる巨大蜘蛛(akimermanさま、情報ありがとうございました)なのですが、

Wikipediaによると、

「人家に棲息する大型のクモとしてよく知られている。徘徊性で、網を張らず、歩き回って獲物を捕らえる。」

と、あります。

この蜘蛛が2~3匹いると、その家のゴキ○○が半年で全滅するという、

ある意味、ありがた~い蜘蛛ですが、何しろ図体がデカいので、インパクトが強すぎて心臓に悪い…。

我家では、昔からこの蜘蛛がしばしば出没していますが、

その図体の大きさから「ヌシ」と呼んでいるのです。

「ヌシ」さんにはお会い出来ませんでしたが、我が家の動物たちには会ってきました。

densuke.jpgビビりん坊の長男「densuke」。(コーギー)
もう10歳越えてるお爺ちゃん。最近耳が遠くなってきて、あまり吠えなくなりました。

mugi.jpg次男「mugi」。(スコティッシュフォールド)
カメラ向けると「誰に許可取ってカメラ向けとるんじゃい?」と言わんばかりにそっぽをむきますが、今回は珍しく目線をいただけました~♪長毛種なので、デブに見えますが、ほとんどモフ毛です。

mugiの大きさ「mugi」の大きさ。上に写っているのは2リットルペットボトル…。でけー猫だな(笑)



8月17日は3週間ぶりのレッスンでありました。

いつものことながら、先生とのお話に花が咲いてしまいました。

ちょっと指の訓練グッズについてお話を聞いてみました。

先生自身が使われたことがないようで、あまりご存知なかったようですが、

木の板に指を置くくぼみが付いていて、このくぼみに指を置いて

板に指をぎゅうぎゅう押し付けるものをご存知でした。(簡単に絵を描いて説明してくださいました)

ちゃんと第一関節を出して、指で支えるということを体得させる、

いわゆる、玉子をつかむような手の形を覚えさせ、指関節をしっかりさせるためのものみたいです。

最近の子どもは、指が長くても、ふにゃふにゃな指の子が多いそうです。

手の形もきちんと覚えこんでしまえば、後々ラクなのに、なかなかそれを意識できない。

これは大人にも言えそうなことですが…。

基礎さえしっかり身に付けてしまえば、グンと伸びる子ども時代に

そういう訓練を嫌ってあまりやりたがらない子も多く、もったいないと感じていらっしゃるようです。(耳痛ぇ~)

先生自身は、上級者向けのテキスト(指の訓練書)でだいぶ練習されたようです。

いろいろお話を伺っているうちに、先生は演奏家を目指していたのかな?というふうにも思えてきました。


バラ1は通しで弾きました。

例の苦手な最後の部分は、ミスタッチ連発でしたが、

だいぶリズムの感じが良くなってきたとのことです。

ここの部分はまだまだ練習が必要ですねぇ~(汗)

脱力がイマイチな私にとって、ここを弾くのはかなり大変なのですが、

結構面白くなってきているので、頑張りま~す♪

あと、長く練習していると、曲がどうしてもちょっと良くない傾向に流れてしまいがちなのですが、

(自分の弾く癖みたいなものが出てくるって言うんでしょうか?)

そのあとに弾いたノクターンが相当???な出来だったので

(和音が瞬間的に掴めないので、いたるところで変な間が空く…泣)

先生には、レッスンのない3週間の間に、私がバラ1ばかり弾いていたのを完全に読まれていまして

もっと、ノクターンの練習に重点を置いてくださいとまで言われてしまいました。

そりゃ当然ですわな~。

バラ1は気合いを入れて練習するのは、presto con Fuocoのところだけで良いそうです。

他の部分は、弾けなくならない程度の練習にとどめることでOKのようですが、

私の性格じゃ、ちょっと弾いたら、むっちゃ気合い入れてしまうんだよね。



いつもありがとうございます。ノクターン、思っていたより、かなり難しいんですけど~(泣)
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/08/18 Sun. 03:03  edit

Category: ピアノレッスン

tb: 0  |  cm: 6

top △

コメント

主さまの写真・・・?と、心の臓がビビッてましたが、
densukeちゃん、mugiちゃん、スーパーかわゆす!!
毛があるので暑そうですが・・・。
名前も可愛いですね!
densukeちゃんってスイカのブランドみたいな名前ですね。
mugiちゃんの名前はkusuさんのブログ・アドレスの一部でしょうか?
や~ん、densukeちゃんもmugiちゃんもホントにかわい~と、
クネクネしてます。
densukeちゃんは脇の肉がモタモタしていてラブリーです。

主さまは軍曹・・・、なぜに軍曹?それだけ迫力があるから?
でも2~3匹いるとGキブリが半年で全滅・・・。
すごいですね、益虫なんですね。
主さまがGキブリを食べている所なんか、怪獣映画を見るような
迫力がありそうですが、私は失神しそうです。
Gキブリも主様もいない北海道でホントに良かった!です。

先生とのお話、私も耳痛ぇ~、ですね・・・。

いや、いや、ノクターンはまだまだ、これから、ですヨ。
私もショパン・ワルツ、カンタンだと思ってたけど、全然
制覇できずにいます。
ゲージツはカンタンではないっすね・・・。。

ひさへ #- | URL | 2013/08/18 16:10 | edit

動物ブログ?

ひさへさん、コメントありがとうございます。

ヌシさんの画像がアップできなくてちょっと残念…?ですが、
めずらしくゴキ○○も目にしなかったので、
あまりの暑さでお出ましできなかったのか(笑)?と思ってしまいました。

> densukeちゃんってスイカのブランドみたいな名前ですね。
うちの兄が、あの悪名高き?東○○力のOBなのですが、
東○○力には「でんこちゃん」という、内田春菊さんがデザインしたキャラクターがいまして、
それをもじった名前だというようなことを聞いたことがあります。
> mugiちゃんの名前はkusuさんのブログ・アドレスの一部でしょうか?
おぉ、わかりましたか?当たりです!ちなみにmiruは、先代猫の名前です。
densukeが仲間外れになってしまっているような気がしますが、単に語呂が良いだけの話なので(笑)
> や~ん、densukeちゃんもmugiちゃんもホントにかわい~と、
> クネクネしてます。
> densukeちゃんは脇の肉がモタモタしていてラブリーです。
お褒めの言葉、ありがとうございます。
今回は動物ブログが50%くらい入っているような感じですね~。
densukeはとにかくビビりで、昔から無駄吠えが多くて、
近所のかたとか宅配さんが来たり、
車が家の前にちょっと停まっただけでも吠えたので、番犬にはなりましたが、
とにかくわずかな物音にも反応して吠えまくるので、早朝から吠える声でたたき起こされたり…(汗)
散歩に連れていくと、道端に落ちているコンビニの白い袋が、風でちょっと舞い上がっただけでも
あの短い脚で飛び上がって驚いてくれるので、笑わせてくれました。
最近、だいぶお爺ちゃんぶりに拍車がかかってきて、耳が遠くなってしまっているようで、
ちょっとの物音では吠えなくなりました。(聞こえていないと思われます)
あと、ちょっと太り気味なので、ダイエットを薦められているようです。

mugiはとにかく、夏見ると、とても暑苦しい(笑)。
毛がもっふもふなのに、あまり暑そうにしていません。猫は寒がりらしいですね。
知らない人が来ても、全く逃げないので、親戚の子どもたちが来ると、もう触り放題です。
私も触り放題していますが、ちょっと噛み癖があるので、しつこく触っていると噛みつこうとします。
私のことは、遊び相手だと思っているようです。
写真は嫌いなようで、カメラを向けるとそっぽを向くので、
今回ブログに載せたような、正面向きの写真は結構貴重です(笑)

> 主さまは軍曹・・・、なぜに軍曹?それだけ迫力があるから?
「この蜘蛛じゃないですか?」みたいな感じで、akimermanさんから情報をいただいたんですよ。
どれどれ、みたいな感じで検索してみました。芋虫やゴキ○○よりは嫌じゃないので…。
なんで、軍曹って言うんでしょうね?デカくで迫力あるから?よくわからないです(笑)
「アシダカグモ」という名前であることも、検索してみなかったら永遠に知らなかったくらいです。
> 主さまがGキブリを食べている所なんか、怪獣映画を見るような
> 迫力がありそうですが、私は失神しそうです。
そ、それは、想像してはいけません。私もその現場に遭遇したら、間違いなく失神します(笑)
ゴキ○○がいなくなると、この蜘蛛も家から出ていくらしいです。
見た目はグロいですが、結構良い奴じゃないか…とちょっと思ってしまいました。

> 先生とのお話、私も耳痛ぇ~、ですね・・・。
もしかしたら、遠まわしに「ちゃんと練習しなさい」と言われているような錯覚が…(笑)
いやいや、錯覚じゃないだろ?という感じですね。
確かに先生から見たら、私など、全然生ぬるいレベルと思っていらっしゃるんだろうな(汗)
ノクターンの中間部以降は、片手でも大変なのに、両手になったらどうなることやら…

ひさへさんもワルツ、頑張って制覇してくださいね。私も精進します。
ありがとうございました~♪

kusu #- | URL | 2013/08/18 20:07 | edit

こんばんは、お邪魔します!

軍曹の名前の由来について
私も確実な起源は知らないのですが、
GKBRを殲滅する実力に敬意を表して「アシダカ軍曹」という呼び名がついたらしいです。
1匹のGKBRを捕食中に他のGKBRを見つけると、
捕食中のGKBRを放置して新たなGKBRに襲いかかるらしいです。
しかも、軍曹の足は強力な殺菌効果のある消化液が塗りたくられるので清潔なんですって。

かっこいい・・・かっこいいよ軍曹・・・(;´Д`)ハァハァ

でも見た目がグロいから結局は嫌われるという
かわいそうな子でもあります。

って軍曹の話でコメントが終わってしまいました(´∀`)ゴメンネー
やっぱり私は虫好きかもしれません。

また伺います!

akimerman #- | URL | 2013/08/24 22:11 | edit

なるほど…

akimermanさま、いつも貴重な虫情報ありがとうございます。

> 軍曹の名前の由来について
> 私も確実な起源は知らないのですが、
> GKBRを殲滅する実力に敬意を表して「アシダカ軍曹」という呼び名がついたらしいです。
確かに、あの忌々しいGKBRを片っ端からハンティングするなんて、
もはや敬意以外の何ものでもないですね。尊敬に値します。

> 1匹のGKBRを捕食中に他のGKBRを見つけると、
> 捕食中のGKBRを放置して新たなGKBRに襲いかかるらしいです。
> しかも、軍曹の足は強力な殺菌効果のある消化液が塗りたくられるので清潔なんですって。
> かっこいい・・・かっこいいよ軍曹・・・(;´Д`)ハァハァ
「捕食中のGKBRを放置して…?」……放置!?ひぃぃぃ~!(泣)
床に喰いかけのGKBRが落ちている、ということですよねぇ…gkbr…
軍曹さんからしたら、
「ちょっと置いてあるだけだ。こっち食べたら、そっちもちゃんと食べるから文句言うでない! 」
でしょうが、
人間からしたら、それはショッキングとしかいいようのない光景…。想像すると怖すぎる…

> でも見た目がグロいから結局は嫌われるという
> かわいそうな子でもあります。
akimermanさまの数々の情報で、この巨大蜘蛛さんの見方が変わってきました。
そこにいたら怖い存在には変わりないですが、とってもいいやつなんだな。

> って軍曹の話でコメントが終わってしまいました(´∀`)ゴメンネー
> やっぱり私は虫好きかもしれません。
「怖い怖いも好きのうち(それ、ちょっと違う…笑)」なのかもしれませんね。
GKBRはダメですが、同じくテカった体を持つコオロギとか鈴虫は平気なんだよねぇ…。不思議です。

> また伺います!
いつもありがとうございます。またお越しください。

kusu #- | URL | 2013/08/25 01:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2013/08/26 00:08 | edit

匿名さま

ご連絡いただき、ありがとうございました。
いろいろ大変だったご様子。
どうか、あまり無理をなさいませんように。
そちらへもお邪魔させていただきます。
これからも、よろしくお願いいたします。

kusu #- | URL | 2013/08/26 00:52 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/89-acba76c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △