ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

ピアノ再開後に練習した曲・2 

わたくし、更年期真っ最中でありますが、

一番つらいのは、とにかく疲れが取れないこと。どんなに寝てもダメです。

というか、昔から夜更かし大好きなので、睡眠時間が短い。ある意味、自業自得です。

あと、感情の起伏が凄く激しくなった、というか、超怒りっぽくなった。

仕事中でもイライラして、些細なことでプチギレしてます。

(たまに軽くマジギレして、周りをおびえさせてますけど…笑)

私、こういう性格じゃないんだけどなぁ…。もしかして、これが素の性格なのか?だったら嫌だなぁ。

もう少し、心穏やかに日々を過ごしたいのですが…。あれやこれやと溜まっているんでしょうね。

でも、会社限定なので、ご安心を…(笑)

プライベートではいたって普通です。

調子悪くてピアノにノレなくても、ミスタッチたくさんしても、ぜんぜんイライラなんてしません。

自分の好きなことをしているので、むしろすっきりです。



さて、ピアノ再開後に練習した曲ですが、1からだいぶ間が空いてしまいました。1か月振りのご無沙汰です。

1では、再開直後にいただいた課題(ラジリテー&ブルグミュラー25番)でした。

再開後、最初に教えていただいた先生は、ご出産を控えていらっしゃったので、

数か月(2か月くらい?)しか教えていただけませんでした。

なので、どんな先生だったか全然覚えていないんです。ひどい生徒ですねぇ…。

次の先生は、私とほぼ同年代。先生が変わられたことで、レッスンの時間も変わりまして、

月曜日の18時から土曜日の12時30分からになりました。

当時、土曜日も半日勤務でしたから、仕事が終わってからレッスンに行きました。

勤務先の仲間には、喫茶店で先に食事していてもらって、

レッスン終了後に合流し、おしゃべりに花を咲かせていました。



○ハノン…1番から、一応終曲の60番まで練習(後ろのほうのオクターブ部分を除く)

言わずと知れた指の練習曲。再開後、当然1番から練習。
39番の音階はカデンツの前で、必ず間抜けな間があきました。
音階から流れるようにカデンツに入れるのが理想なんですけどね。
これがなかなか難しかった。単に練習不足なだけなのですが…(笑)
(カデンツ=カデンツァのことです。ちなみにカデンツはドイツ語、カデンツァはイタリア語だそうです。
カデンツァというと、協奏曲を連想してしまうので、私はあえて音階の終止形をカデンツと言っていました。)
アルペジオの後からが急激に難しくなるような雰囲気。っていうか、実際難しかった。
オクターブ関連だけ練習しなかったのは、
先生が私の手のこと(小さい手なので)を考えて、リスクのほうが大きいと思われたのか?
終曲のトレモロはいくつかに分けて練習。
脱力が出来ていなかったので、途中で疲れてしまい、
最初から最後まで通して弾くことはついにできませんでした。
ひととおり最後まで到達するのに十年くらいかかってます。

その後、自分が使っていたハノンを姪に貸しました。

幼児期から、ヤマハ音楽教室に通ってグループレッスンを受けていた姪が、

個人のピアノ教室に通うことになって、ハノンを練習することになったから、とのことでした。

私がさんざん使い倒した楽譜じゃ、ピアノの先生もさぞや教えずらかったのではないかな?と思います。

貸したハノンは、今も実家にありますが、もうボロボロで、ほぼ解体寸前状態です。

姪が教わっていたピアノの先生は、義姉の友人でした。

私が無類のピアノ好きだということを義姉から聞いて知っていて、

先生が所属しておられた「偉い先生とそのお弟子さん達の会(正式名称は伏せますが…)」の

チケットをしばしば優先して取り置きしてくださったりしたので、

「聴きに行く?」と、声が掛かれば、二つ返事でチケットを買って聴きに行ったりしました。


(過去記事の番外編参照してください)→ 3月18日付記事

ハノンについては、今の先生になってから、もう1回練習することになったため、

新たに20番21番から40番まで載っている簡易版のハノンを購入しました。
(学習研究社 ハノン40の練習曲第2巻)

今も気が向くと、ぼちぼちと練習していますが、

簡易版ハノンだと、20番21番から30番まで、2オクターブの音域しか載っていないので、

この部分は、4オクターブの音域にして練習しています。



〇ツェルニー30番…全曲

25曲あるラジリテーを10番まで練習して、ツェルニー30番に入りました。
高校生の時にも1番と2番は弾きましたが、当時はほとんど弾けていませんでしたからねぇ。
再開後は家にピアノもあるし、昔から比べたら雲泥の差…と言いたいところですが、
数曲いただいていた課題の中で、一番サボっていたのがツェルニー30番でした。
30曲終了までほぼ丸3年かかりました。



○ソナチネアルバム・1巻…1番・4番・9番・10番・11番の3楽章

1番:クーラウ op.20 No,1 … 有名な曲です。たぶんソナチネ手がけたら誰でも1度は弾いているんじゃないかな。
                 軽快な曲で好きでしたねぇ。
                 早いパッセージが結構出てくるので、指は転びまくっていましたけど…(笑)
4番:クーラウ op.55 No,1 … 高校時代にも弾いて、ピアノ再開後の最初のレッスンで聴いていただこうと、
                悪あがきして練習していった曲。
9番:クレメンティ op.36 No.3 … この曲も1楽章が軽快で大好きでした。
                   速く弾くと、第一関節が凹む癖があり、指の形が悪いと良く注意されました。
10番:クレメンティ op.36 No.4 … 1楽章の出だしが勇壮な感じがする曲。3楽章が指が回らず、難しかったなぁ。
11番:クレメンティ op.36 No.5 … レッスンでは3楽章のみ。1楽章が結構好きだったので、独学しました。

あと、17番のドゥシェックop.20 No.1の3楽章冒頭に先生のチェックが付いているのですが、
レッスンしていただいた記憶がない。練習した記憶も、あるようなないような…why?
ソナチネはここで終わって、いよいよショパンのワルツを弾かせていただくことになりました~ヒャッホー♪



○バッハ…インヴェンション(全曲)1→4→8→10→3→9→14→13→15→2→7→12→11→5→6

楽譜の目次欄に練習した日付が書かれていますが、それによると上記の順番で練習しています。
54年かかってます。
最初に手がけたのは1番ですが、バッハはどの曲も必ず片手練習から入りました。
片手ずつで弾けるようになってから、両手で合わせましたが、
この間に見えないステップがあるようで、片手で出来ても、両手にするとボロボロなんですわ。壊滅的!
最初から両手で練習したほうが、効率良いんじゃないか?と良く思いました。
バッハは難しくて苦手でしたけど、きれいな曲が多くて「ちゃんと弾けると(笑)」気持ちよかったですね。

と、いうことで、3へ続きます。



いつもありがとうございます。なんだかこう振り返ってみると懐かしいですねぇ。練習はサボり魔でしたけど(爆)
banner (1)
関連記事
スポンサーサイト

2013/09/11 Wed. 01:07  edit

Category: ピアノの思い出

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

すごいですねー!

私も更年期真っ盛りですよ。
疲れもとれませんが、私は睡眠障害が辛いですね。
疲れているので寝つきはイイのですが、
約2時間後に起きてしまい、その後ずーっと眠れません。
朝方になってやっと眠くなるのですが、すぐに起床の時間が来ます。
全く良い睡眠が取れていません。
仕事がある日なんか最悪です。
そんな夜がもう5日続いてます・・・。
昨夜は市販の安定剤を飲みましたが、
今一つの効果です。
何とかしなければ・・・です。
更年期って結局「老化」ですよねー。
更年期が終わったら快適になるのかな。
はぁ~。

インベンションやらツェルニー30、ハノン。
インベンションなんて全曲制覇。
すばらしい!の一言。
やっぱりこのくらい積み重ねないと
「バラ1」にはたどり着かないのねぇ・・・。
なんか、もういいや、って挫折しそうだ。
kusuさん、本当にピアノ好きなのね。

ひさへ #- | URL | 2013/09/11 23:06 | edit

ひさへさんへ、いつもコメントをありがとうございます。

睡眠障害は辛いですね。
眠れないと、疲れがだんだん蓄積されるような気がしてきて、
よけい「寝なきゃ!」と焦りますね。
夜更かし大好きな私ですが、遅く寝ても、起きるにはかなり早い時間に目が覚めます。
そして、もう1回寝てしまうと、今度は起床がとても辛くなってしまいます。
まさしく目が開かない状況になります。
ほぼ毎日「会社休みたい~」と、たわけた考えが頭をよぎります。
もうこんな状態が6~7年続いています。
睡眠障害が、過眠症側へシフトされている感じです。
お昼間も容赦なく眠くなりますし…。
これについては、もしかすると睡眠時無呼吸症候群持ちなのでは?とも思えてきますが…。
確かに更年期は老化現象ですが、
とにかく体が年中だるいのが治まり、精神的にもう少し安定してくれるなら、
老化も悪くないのかな?と思ってしまいますね。
ひさへさんもお大事にしてくださいね。
あまりに辛いようでしたら、病院に行かれるほうが良いかもしれません。

ピアノは好きなのですが、正直、自分でもここまで続くと思っていませんでした。
習っている年数が長いので、もう先生に教えを乞うのはちょっと恥ずかしいことかな…?
と思うこともありますが、気にせずにレッスンに通っています。
途中、やはりスランプはありました。
練習する気が失せて、日々の練習もおざなり。
レッスンも月4回のうち、1回は必ず休んでしまったりとか。
どうやって立ち直ったのかな?
そういう時にコンサート行って、感動したのも一つのきっかけではあったけれど、
実際のところ、どうやってモチベーションをアップさせたのかは記憶にない…。

しかし、これだけいろいろな曲を練習しているわりに、
弾けなくなってしまっている曲のオンパレードで、かなり情けないです。
たまには弾かないと、人間の体って相当バカですから、すぐできなくなってしまうんですわ(笑)
弾けるようになった曲を維持していくのは大変ですね。

kusu #- | URL | 2013/09/12 01:28 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2013/09/12 18:28 | edit

更年期、本当に困っちゃいますよね~

匿名さま、いつもいろいろな情報をありがとうございます。

名前は良く聞きますが、そんなに元気が出るんですか!?
しかし、今は本当にいろいろなものが売られていますねぇ。
凄い世の中です。試してみる価値はありそうですね…。

本当は医者に行ってみればいいのかもしれませんが、
重篤な症状があるわけではないので、ついつい億劫になってしまいます。
ちょっとのことで爆発したり、鬱っぽくなったりで、気分も定まりません。
本当に困っちゃいますよね~。自分が自分じゃないみたいです(笑)


それにしても、全曲制覇、おめでとうございます。
凄いですねぇ。私、その曲は数曲しか練習していません。
全部終わった後の達成感は格別ですね。
次の曲、またまたさらにレベルが高そう…
私などは、一生かかっても弾けない気がします。
頑張ってくださいね~♪

kusu #- | URL | 2013/09/12 23:23 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://mugimiru.blog.fc2.com/tb.php/96-371956f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △