ピアノという名の迷宮にて

奥深いピアノの世界を、ふらふらと彷徨っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

東 北 旅 行 2017  その3 

東北旅行 3日目 6月5日(月)
2泊目の旅館は、秋保温泉内にある、「ニュー水戸屋」さん。 2017060515ニュー水戸屋さん

いつもより若干ゆっくり目に起床し、朝食後、磊々峡と秋保大滝に行ってみることにしました。

ニュー水戸屋さんから歩いて10分強歩いたところから、磊々峡散策道へ入ります。

木の根っこやら、石やらで、散策道はとにかく足場が悪い。

スマホで写真を撮りながら歩いていたせいで、またもや何かに躓いて、散策道の真ん中で大の字に転がる。

昨日駐車場の縁石に躓いて転んだところと同じところを打って、流血沙汰。

さすがにすぐに起きあがることが出来なくて、Sさんが肩を貸してくれたり、

Nさんから消毒用ウエットティッシュを貰ったり、持っていた絆創膏総動員の憂き目に…。

スマホ大好きで、片時も手放せないみなさま、歩きスマホはホントに危険ですよッ!!
2017060511磊々峡散策11  2017060509磊々峡散策09  2017060501磊々峡散策01
石に開いた、ハート形の穴?が可愛い!この直後、散策路ですっ転ぶ。↑

2017060504磊々峡散策04  2017060506磊々峡散策06  2017060510磊々峡散策10  マイナスイオンがいっぱい!
  

宿をチェックアウトして、車で秋保大滝へ向かう。 2017060516秋保大滝1


この滝を見に行くのは結構体力使うんです。石の階段(しかも一段が結構高さがある)がてんこ盛り。

磊々峡散策途中ですっ転んだせいで、ひざが痛い~。階段キツイ~。

滝を見に行くのに行きは下り階段なのですが、滝を見終えて階段を上がってくる方もいらっしゃる。

意外にも、結構お年を召した感じのかたが多いんですね。

階段が急で、足場も悪いので、一応ロープが張られているため、それを頼りに石段を下りていくのですが、

やはり、自分よりも年上かな?と思われる方が、

ロープにつかまりながら一生懸命に上がってくる姿を見ると、ロープを譲らざるを得ない。

一番下まで降りたところに滝がありますが、間近から見上げる滝は…イイ(´▽`)2017060518秋保大滝3

足場が悪い階段を一生懸命下りてきた甲斐があります。

帰りが下り階段ということは、帰りは当然のことながら上り階段なわけで、

ゼーゼー言いながら、休憩を入れながらヨレヨレと上がります。

「行きはよいよい帰りは恐い」と、童謡「とおりゃんせ」をつい、口ずさみたくなりました。

秋保大滝を後にし、仙台駅に向かい帰途に着きました。  


今年の東北旅行は雨こそ降られませんでしたが、天気はイマイチ。

2回もすっ転んでひざはヒリヒリ、ガクガク。

足腰の衰えを、これでもか!と思うくらい実感してしまった旅でした。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
次回からは北海道旅行記を書きます。
北海道の比較的狭い範囲を行ったり来たり、毎日がドライブでした。


ピアノランキング

2017/06/18 Sun. 22:32  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 2

top △

東 北 旅 行 2017  その2 

東北旅行 2日目 6月4日(日)

山形県東根市で開催される、「さくらんぼマラソン」に参加するために、

朝6時過ぎに仙台を出発。

駐車場で、レンタカーのトランクに荷物を積んだ後、縁石に躓いて、派手にすっ転ぶ…。

擦り傷が出来たけど、大したことないので、絆創膏を貼って終わり。

最近、何かに躓いてド派手に転ぶことが多くなった。

もともと、運動神経はマイナスレベルではあったけれど、

そろそろ、ロコモティブシンドロームが始まっているのか?


天気は曇り。ちょっと肌寒い。でも、走るにはちょうどいいかも?

今年のマラソンの目標は「頑張らない」

理由は、激太りしたため、真面目に走ると心臓が止まっちゃうかもしれないので…(笑)

まだ、AEDがなかった頃の話ですが、仕事上の知り合いで、

マラソン大会中、心停止を起こして亡くなってしまった方がいます。

まだ20代のかたでしたが、AEDがあったら、絶対に助かっていたと思うんです。

そう思うと、非常に残念です。亡くなってしまわれた本人も、無念だったろうな。

それから、しんどい状態でヨレヨレ走る速度≒早歩きの速度なわけで、

しんどかったら、歩いちゃえ~なわけなんです。もう、情けなさの極み(´;ω;`)


マラソン大会後、「お蕎麦を食べに行こう!」という話になって、「七兵衛蕎麦」さんに向かう。

ここのお蕎麦を食べるのは、実は2回目です。

大根おろし汁に、めんつゆを割り入れて、付けつゆを作り、

お椀に入っているお蕎麦を、ざるそばのようにめんつゆにつけて食べるのですが、

麺にコシがあって、とってもおいしいんです~♪
七兵衛蕎麦さんでは、食べるまでに1時間くらい並んだでしょうか?2017060401七兵衛蕎麦さんでお昼

半袖Tシャツの上から薄手のパーカーを羽織ったけれど、

太陽が出ていない+風が強いことで、身体が冷え切ってしまいました。


お昼にお蕎麦を食べた、ということは、

マラソン大会後にもらった、さくらんぼとおにぎりはいつ食べようか?


その後、飲んべえ軍団でもある一行は、酒を求めて車を走らせる。

日本酒を試飲させてくれるお店で、飲みまくったあと、どっさり買い込み。

もちろん、自宅配送にしていただきましたが、数本お買い求めされる方もいて、皆さま実にパワフル。

それだけに飽き足らず、2泊目の旅館に向かう途中で、ニッカウイスキーの工場に立ち寄り、

そこでもウィスキーお買い上げ~。凄すぎっす!



  続  く 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
おにぎりは移動中の車中で、さくらんぼは旅館の冷蔵庫で冷やして、翌朝食べました。


ピアノランキング

2017/06/18 Sun. 00:14  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 4

top △

東 北 旅 行 2017  その1 

今年も行ってきました、東北へ。

今回の旅行を一言でいうと…、体力の衰えをむっちゃ実感した旅行…というか、

「私、もしかして呪われてる?」と思ってしまった旅行でもありました。




東北旅行 1日目 6月3日(土)

忙しい月末・月初を乗り切って、疲れも抜けきらない状況での旅行です。

電車内で仲間の数名と合流したのは良いのですが、Nさんのだんなさんが忘れ物をして、

東京駅へ向かう電車を降りて、ご自宅の最寄り駅まで戻るという、いきなりのハプニング!

Nさんのだんなさんは、レンタカーの運転手を一手に引き受けてくださっているのですが、

絶対に忘れてはいけないものを、違うカバンに入れたまま、丸ごと忘れてきたらしいのです。

家にいる息子さんに電話して、最寄り駅まで持ってきてもらうこととなったのですが、

新幹線に乗る前に気づいたことが、不幸中の幸いです。

Nさんのだんなさんには、申し訳ないのですが、遅い新幹線で向かっていただくこととし、

他のメンバーで、一足先に杜の都仙台に向かいました。


仙台に着いて、まずはレンタカーを借りる手続きを済ませて、

ロッテリアでお茶しながら、Nさんのだんなさんの到着を待ちます。

間もなくお昼という時間なので、お腹がすいてきたが、

お昼は海鮮ものを食べるという予定なので、ここで食べてしまうわけにもいかず。

店内のハンバーガーの写真で、空腹が増長する。ハンバーガーよ!私を呼ばないでぇ~!


1時間余りして、Nさんのだんなさんと合流。

レンタカーで一路、女川町へ。

道のところどころで工事をしており、仮設住宅が数十棟建てられているところもありました。

仮設住宅の前に、車が停められていることから、

この仮設住宅に住まわれている方が、まだおられることがわかります。

女川駅前はとてもきれいに整備されておりましたが、2017060301女川駅1 ← 女川駅 → 2017060303女川駅に停車する石巻線車両
 
周辺に目を向けると、まだ土むき出しのままの浜、復興工事中の場所が点在しており、
2017060306いたるところ復興工事中   2017060305海辺に残る大震災の傷跡
東日本大震災の爪跡が、まだいたるところに残されていました。

一日も早い復興を願うばかりです。

  2017060307震災の石碑 この石碑は、小高い場所に建てられているのですが、この高さにまで津波が来たそうです。

この石碑には、こう刻まれています。


千年後の命を守るために
ここは津波が到達した地点です
もし大きな地震が起きたら
この石碑より上に逃げてください
逃げない人がいても
ここまで無理やりにでも連れ出してください
家に戻ろうとしている人がいれば
絶対に引き止めてください
        女川中学校卒業生




女川丼とお寿司を食べさせてくれる、「おかせい」さんで遅い昼食。

店内が混んでいたため、注文から出来上がりまで1時間ほど待つことになりましたが、

大変おいしくいただきました。2017060308おかせいでお寿司 かーっ!うめぇー!!(オヤジか?)


明日は山形県東根市で開催される、さくらんぼマラソンに参加します。

今年の目標は………頑張らないこと!(えっ?何それ???)

なぜなら、去年の同時期より、5kg位デヴになってしまったので、

真剣に走ると心臓に負担がかかりそうなので…。

AEDのお世話にはなりたくないですから~(kusuの根性なし~)

相変わらず朝が早いので、早々にホテルに入り、美味しい食事に舌鼓をうち、

さらにデヴに拍車がかかるkusuでした。

おそまつ!


   続  く

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
悲しいことに、早くも足元が怪しくなりつつあるワタクシです。


ピアノランキング

2017/06/14 Wed. 22:56  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 0

top △

東北旅行中です 

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

ただいま、いつもの飲み+旅行仲間と東北へ来ています。

宮城県女川町で、これから昼食です。

「おかせい」という、海鮮ものを食べさせてくれるお店で、

注文した上寿司が出来上がってくるのを待っています。

こちらは、思っていたよりも涼しい体感です。

カバンを駅に預けて来たのですが、上着を置いて来てしまったのは、失敗かなぁ〜。

月曜日の夜に帰宅ですが、旅行記をアップする予定です。

2017/06/03 Sat. 14:10  edit

Category: Have a nice trip

tb: --  |  cm: 6

top △

「入魂のショパン2017」を聴きに行ってきました。 

今回の「入魂のショパン2017」のチケットは、1月の横山さんのリサイタルに行ったときに、

会場内のチケットブースで購入しました。

ネットでチケットを取るつもりでいたのですが、運よくネットよりも早く入手できました。

去年はどこの席を取ったかしら~と、去年のプログラムを見たら、あらまぁ、同じ列。

でも、去年はもっと通路側で良い席…(・・;)うーん、ネットで取っても良かったかしらぁ~?


第 1 部    DSCF1706.jpg  20170505.jpg

   op.25のエチュードですが、去年の「入魂のショパン2016」の最終曲でした。

   ワタクシがかつて発表会で弾いた曲が含まれるし、好きな曲も結構あるので、

   去年のサイン会の時に「また聴かせてほしい」ということを、横山さんにお伝えしたんです。

   今回、第1部に組んでくださったことは、全くの偶然だとは思いますが、

   「もしかして、リクエストに応えてくださった?」と思ってしまいました。(←気のせいだよ!笑)

 ○12のエチュード op.10
 ○12のエチュード op.25       
      しかし、どうしたらであんなに指が動くようになるのか?
      広い音域のアルペジオで弾かれる曲を聴いて 腕をちゃんとうまく使っているなぁ、と納得。
      私が先生によく言われることのひとつですが、腕の使い方がうまくできていないわけで、
      それに加えて、全身を使って弾けていないので、これからの課題になっているんです。
      ピアニスト諸氏の弾き方を見て、納得はするのですが、なかなか出来ないものです。
      
       op.25-7 は、自分が「こう弾きたい」と思いながらも、指がすぐに転んでしまう+
      弾くことで一生懸命なこともあって、難儀している箇所があります。
      でも、絶対出来るようにしてみせるぞー(^^♪まだまだ精進であります。

    

第 2 部
   あれ?音がさっきと違う気がする?ピアノ変わった?

   今回は、ステージの傍にもう一台ピアノがあって

   第1部終了後、調律師さんが、ステージ脇のピアノに、

   違うピアノから持ってきたと思われるアクション一式をセットしていた。

   あっ!さっきピアノの脇にあった「Steinway&sons」のロゴがなくなってる!

   やっぱりピアノが変わっていたんだ~。
     
   さて、ここでおバカで素朴な疑問。

   たとえば、家のピアノのアクションを、ホールのピアノにセットしたら、(もちろんサイズが合うことが前提)

   ホールのピアノが、自分の家のピアノのタッチになるのかな?

   次回の調律の時に、調律師さんに訊いてみよう。

 ○2つのポロネーズ op.26
 ○2つのノクターン op.27
     op.27-1と2は本来であれば、続けて弾くものだそうです。
     op.27-2は、まさしく、ショパン節炸裂的な曲。
     右手の、たとえようもなく美しいメロディを支える、左手の流れるような伴奏が
     メロディを全く邪魔していない。音のバランスが、まさにプロフェッショナル!
     それにしても、ピアノで、こんなに美しい音が出せるものなんだなぁ。
     こんな音が出せるようになったら、人生思い残すことないよね。

 ○プレリュード op.28
    24曲ある彼のプレリュードは、まだ正式にレッスン曲にしていただいたことはないが、
    私の脳裏にイメージが浮かぶ曲が結構ある。

    ショパンは、サンドとともに、療養のためにマジョルカ島へわたったが、
    気候が良かったのは初めのうちだけで、間もなく雨季に突入。
    このおかげで、ショパンは肺の病を悪化させてしまうのだが、
    もし、彼らがマジョルカ島に行かなかったら、
    ショパンはあと10年くらい長く生きただろうという説があるそうだ。
    ショパンの人生に、さらに10年という時間が与えられたとしたら、彼はどんな曲を書いただろうか?



第 3 部
    演奏の前に横山さんが、「ピアノが第2部から変わったのがわかりましたか?」と言われました。

    第1部と第5部のピアノは15年ほど前に造られた、比較的新しいもの。

    第2部から第4部までが40年ほど前に造られたピアノだそうです。

    確かに第1部でエチュードをひかれたピアノは、とってもブリリアントな音がしたけど、

    第2部からのピアノは、やや柔らかくしっとりとした音色に思える。

    で、この「しっとり系」のピアノが、とっても私の好みの音なの!マジで持ち帰りてぇ~!

    こんなすてきな音のピアノで練習出来たらいいなぁ~。

    でも、横山さんの弾き方あっての「あの音」だろうから、私が弾いても同じ音は出せないだろうな。

 ○即興曲 第1番   op.29
 ○4つのマズルカ  op.30
 ○スケルツォ 第2番 op.31
 ○2つのノクターン  op.32
 ○4つのマズルカ   op.33
 ○3つのワルツ op.34
 ○ソ ナ タ 第2番   op.35

    「アルペジオはヒラヒラ~ 音階はサラサラ~」

    うまく表現できないけど、私が思う、横山さんの手の動きは、言葉にすると、こんな感じ。

    手の上下運動なんて無駄な動きは全くなくて、ほぼ平行移動。

    音階やアルペジオの指くぐりについては、最初は、「しっかり親指を手のひら側に曲げる」と習うけど、

    速い曲や難しい曲を弾くようになると、指くぐりでは速度が出ないため、親指飛ばしを推奨される。

    これについても、私の場合、譜読み段階ではなかなか出来なくて、手首ガクガクと相成る。初心者かよ?



第 4 部
  横山ワールド、いよいよ炸裂!
 ○即興曲 第2番   op.36
 ○2つのノクターン   op.37
 ○バラード 第2番 op.38
 ○スケルツォ 第3番  op.39

     バラードとスケルツォは、まさに渾身の演奏。
     スケルツォの中間部に出てくる下降アルペジオが、美しすぎる。
 ○2つのポロネーズ   op.40
 ○4つのマズルカ    op.41
 ○ワルツ 第5番   op.42

     この曲こんなにかっこいい曲だったんだ、と再認識。独楽ねずみのように軽やかに動く指に驚愕。
 ○ボ レ ロ    op.43
 ○ポロネーズ 第5番    op.44

      この曲は次の「英雄op.53」と「幻想op.61」に隠れがちだが、とても重厚でかつ華やかな曲だ。



第 5 部
 ○アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22
 ○バラード 第1番   op.23

      やっぱり、この曲好きだわ。聴いているうちに、一度何とか通して弾けるようにしたにもかかわらず、
      その後の練習を怠ったせいで、弾けなくしてしまった自分に腹立たしくなったくらい.。
      絶対にまた弾けるようにしてみせるわ!
○ポロネーズ 第6番「英雄」 op.53
      ずっと弾き続けて、お疲れのはずなのに、横山さんのテンションがどんどん上がって行くさまを
      目の当たりにした感じ。
○ 子 守 歌   op.57
      新しいスタインウェイでも、タッチを多彩に変えて、さらにペダルを上手く使って、
      繊細なピアニシモを表現。すげえな、全く!
○舟 歌     op.60
○ポロネーズ 第7番「幻想」 op.61

      どうしたら、こんな音が出せるんだろう。マジに鳥肌立った!
      ピアノの道は果てしなく長く、そして深い…。
      自分もどこまで行けるか分からないけれど、出来るところまでやってみたい。




まぁ、簡単すぎて単なる記録になってしまいましたが、あまりに演奏に夢中になりすぎて、

まばたきしなかったみたいで、コンタクトレンズ愛用者のワタクシは、本日、すっかりドライアイ状態です。

今回もサイン会があったので、CDにサインいただいてきました。

去年同様、横山さんに自分の気持ちをちゃんとお伝えしてきましたよ~。

ただ、握手してくるの忘れました~(;^ω^) あうーっ!
                       2017年もサインゲット
席については、第1部で私の斜め前(ちょうど横山さんの見える位置)に座っていらした方が、

頭をあちこち揺らしていて、気になって仕方なかった。

そのかたの頭の位置によっては、ピアノごと横山さんの姿が隠されてしまうので、

ワタクシ、かなり「イラッ」としてました。

しかし、第2部からは静かになってくれて(○○レにでも行きたかったのか?)

しっかり横山さんの演奏姿や、ペダルの踏み方まで勉強させていただきました。

オペラシティホールは音響のいいホールなんだけど、1階席の前半分が、アリーナ席みたいつくりなんだよね。

段差がまったくないのです。私が思う、このホールの唯一の不満点です。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
今年は、作曲家の武満徹さんの名を冠した、オペラシティホール開設20周年だそうです。
祝!20周年


ピアノランキング

2017/05/06 Sat. 23:12  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 2

top △

実は、1月にも横山幸雄さんのリサイタルに行っていました 

すでに、ワタクシの年間行事に完全に組み込まれた、ゴールデンウィークの「入魂のショパン」

ショパン様と横山幸雄さんとの熱い密会(笑)に、今年も行ってきました。

去年は5月までにずいぶん「演奏会」に行きましたが、今年は初めて?

ブログには書きませんでしたが(というか、「書く機会を失ってしまった」が正解なんですが…汗)

1月に1回行ってます。

ユッキー(横山さんのことね)、どんだけ好きなんだよ(笑)
  DSCF1709.jpg


1月のサントリーホールでのリサイタルの演目を一応載せておきますね。

 モーツァルト  幻想曲 K.475
         ピアノソナタ K.457
 シューマン   幻想曲 op.17
 シューベルト  即興曲 op.142-1
 ショパン   幻想即興曲 op.66
        ノクターン「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」
        アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22
         バラード1番 op.23
 リスト     スペイン狂詩曲 S.254/R.90

アンコール   シューベルト 即興曲 op.90-3
        横山幸雄   オマージュ・ア・ラフマニノフ-ヴォカリーズ-
        横山幸雄   バッハ=グノーのアヴェマリアの主題による即興
        ショパン    英雄ポロネーズ op.53


聴きに行きたいと思ったのは、大好きなシューマンの幻想曲とショパンのバラード1番があったこと。

それから、当時練習していたシューベルトの即興曲op.142-1があったこと。

聴きに行って、一番衝撃を受けたのがリストのスペイン狂詩曲でした。

ものすごいテクニックを必要とする曲&華麗な曲に圧倒されてしまった。

さらに、アンコールで、私が発表会で弾く予定のシューベルト即興曲op.90-3を弾いてくださった!

偶然とはいえ、私にとってまさに「タイムリーで、ステキなサプライズ曲」でした。

アンコールのラフマニノフと、バッハ=グノーの曲は、主題だけを借りた、横山さんの即興演奏のようです。

凄いっすね~!



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
次回はいよいよ「入魂のショパン2017」について、さらーっと?(だらーっと?)書きたいと思います。


ピアノランキング

2017/05/06 Sat. 03:46  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 2

top △

帰宅途中です。 

ゴールデンウィーク恒例の「入魂のショパン2017」に行ってきました。

ただいま、東京オペラシティから帰宅途中です。

今回の演奏会も、とても濃い内容で良かったです。

来年も、もちろん行く予定です。

ということで、現在のワタクシの気持ちを一言

「ショパンさま、愛してるよ〜!アモーレ

それでは、後ほど。

2017/05/05 Fri. 22:05  edit

Category: この素晴らしき演奏家達

tb: --  |  cm: 2

top △

大人の楽しい一日 その3 

さて、楽しい時間は過ぎるのが早いですよね~。

楽しい時間こそ、ゆっくり流れてほしいものなのに…。



ピアノスタジオを後にし、次はアルコール消毒付き懇親会です。

地下鉄で銀座(新橋に近いです)まで出まして、懇親会会場を目指します。

一度女子会で使ったことのあるお店なので、ワタクシが、お店の予約をしたのですが、

場所の下調べをしてこないという体たらく。(「何となく、あっちのほう」というレベル…(ヲイヲイ笑))

でも、今どきのスマホ地図アプリは優秀なので、すぐ店舗発見。

物理学者さん、何から何までナビしてくださって、ありがとうございます…(^^;



今回集まったメンバーが、なぜか「なまはげつながり(笑)」でしたので、

そんな我々にふさわしいお店をチョイスです。

お店の名前は「なまはげ・銀座店」良いでしょ~?(爆笑)
 image2.jpg    image3.jpg   IMG_0341.jpg   IMG_0342.jpg

個室を予約したのですが、これが「かまくら」(雪で作るおうちのほうよ?鎌倉じゃないわよ?)のようなつくり。

周りの目を気にせずに、あんなことやこんなことが出来ちゃうという、すばらしさ(笑)

それにしても、みなさま酒豪ね~。ビールから始まり、日本酒数種類、ワインまで!

あまり飲めないワタクシも、カクテルを頂きましたが、

その合間に日本酒を3種類くらい、お相伴させていただきました。日本酒ってみんな味が違うのね~。

ピアノを人前で弾く意義とか、あれこれ熱く語り合いました。

さらには、レディピアノさんとも電話でお話させていただきました。

レディピアノさんも、アルコール消毒の真っ最中とのことでした。

彼女、とっても可愛らしい声の持ち主なんですね~(^^♪



このお店では、ショータイムがありまして、        なまはげ氏イチオシの日本酒↓
なまはげ氏が、いきなり乱入してくるというお楽しみがあります。image1.jpg  IMG_0343.jpg

このなまはげ氏、とても楽しい方で「一緒に飲みませんか~」とお誘いしてみたら、

どっかりと座って、日本酒をカパカパ飲みながら、始終ご機嫌でした。

往年のアイドルさんがお好きなようでしたね~。とても気さくな方でしたよ。

それにしても、18時から閉店時間まで、飲んで、食べて、喋って…。めちゃくちゃ楽しかった。

お土産まで頂きました~。ありがとうございま―す♫IMG_0080.jpg



機会がありましたら、またぜひ集まりたいですね~。

今回のイベントを企画してくださいました、望月先生、物理学者さん(引率までしてくださいました)、

北海道から遠征して、お疲れのところ参加してくださったひさへさん、

本当にありがとうございました。

近いうちにまた集まりたいですね~(*´▽`*)




いつもお読みいただき、ありがとうございます。
その1に、簡単ではありますが、「ガムシロップ事件?」を追記いたしましたので、
お時間ありましたら、読んでいただけると嬉しいです。


ピアノランキング

2017/05/03 Wed. 22:48  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 6

top △

大人の楽しい一日 その2 

さて、モスバーガーで昼食を摂った後、

少し早めに弾き合い会場であるスタジオのあるビルへ行ってみましたら、

望月先生はすでにいらしておりました。(望月先生は、ワタクシと違って、まごうかたなき美女です)

ひさへさんは少し遅れるということで、先にスタジオ入りして弾き合い会を始めることとしました。


       IMG_0339.jpg   ← ピアノはベヒシュタイン♪
 望月先生、画像お借りいたしました。快諾くださり、ありがとうございます。

こちらは、ひさへさんからお借りした画像です。ありがとうございます~♪嬉しいです~♪IMG_3351.jpg

それにしても、ピアノって、なんて美しい形をしているんでしょ♫


望月先生は、ピアノの先生をなさっておられるくらいですから、安心して聴いていられる安定度の高さ。

某曲集の全曲動画を撮ることを目指しておられるそうです。

長くても1曲2ページの小曲集ですが、

中には、高度なテクニックがないと難しいのでは?と思われる感じの曲もありました。

全くよどみなく、クリアに弾かれていて、さすがだなぁと思いました。

触ってみたら、ちょっと難しいタイプのピアノでしたが、

本当に上手な人は、ピアノの個体差は関係ないんですね。まさに「弘法筆を選ばず」です。


物理学者さんは、手のサポーターが痛々しいですが、動く左手だけで、左手のための曲を弾いてくださいました。

ご本人、「下手なので…」とおっしゃってましたが、全然そんなことないです。

曲に非常に真摯に向き合っている姿に、感動すら覚えました。

大変な努力をされた様子がうかがえましたし、着実にご自分のレパートリーにされています。

この曲の楽譜を見せていただきましたが、これが凄い!

どう凄いのかについては、企業秘密ということにさせていただきますが、「さすが!」と思わせる楽譜でした。

物理学者さんの完璧主義を垣間見たような感じがしました。


物理学者さんが演奏中、ひさへさんが外から「ピンポーン」と鳴らしたらしいのですが、

望月先生と、ピアノを弾いている最中だった物理学者さんには聞こえたというのです。

難聴気味のワタクシ、その音が聞こえませんでした。聞こえていたら、ドアを開けに行ったのですが…(泣)

補聴器いるかしら?人間ドックでいつも引っかかる項目だし…(泣)


ひさへさんとは初対面でしたが、ブログでやり取りしていた期間が長かったこともあって、

すぐに意気投合と相成りました。それはもう、昔からの友人のような感じすらしました。


ひさへさんは完全暗譜で何曲も弾いてくださり、レパートリーの広さを実感。

ひさへさんって、人前でアガルことってあるのかしら?と思わされるくらい、

物おじしない、堂々とした演奏で、小指の故障を微塵も感じさせない完成度の高さです。

途中から、小指にサポーター?をして弾いてくださいましたが、

小指に負担をかけないよう、運指も変えて弾いておられる。

ブログ内で、演奏動画も披露されているひさへさんですが、生演奏は動画よりもさらに素晴らしかった!

やはり、生演奏に勝るものはないですね~。

「今、出来ることをやる」という、みなさまの無言の教え、しっかり受け止めました。



新曲の譜読みについての話が出ました。

知らない曲だと、どうしてもCDなどを聴いて、どんな曲なのか確認してみたくなりますが、

有名な曲だと、「自分の頭にあるその曲のイメージ」で弾いてしまうので、

本人がちゃんと弾けているつもりでいても、先生から見たら全然ダメと言われたりしますね。

ワタクシの先生も、譜読み時点ではCD禁止令を出します。

いわゆる、拍を数えるということをしなくなるんですよね。リズムが甘々、グダグダになる。

まず、きっちりと楽譜の内容(基礎)を把握して、それがきっちりと出来るようになってから、

自分なりの曲想を付けて行く(自分の曲にして行くという行為)。

この自分の曲にして行くという行為は、まさに底なし。それが、音楽の楽しいところでもあるんだけどね。



ちなみに、ワタクシは、シューベルトと、ショパンを弾かせていただきましたが、

シューベルトはメロディと伴奏のバランスがイマイチ。

家ではこのタッチでOKなのですが、ピアノの個体差に合わせられるようでなければいけませんね。

ショパンは見事に音が転びまくったわ。(^^ゞ

さらには、ワタクシのバラ1は、まさに「つまみ喰い」状態での披露。情けなさすぎ~(´;ω;`)

次の機会までには、きっちり弾けるようにしておかねばと、固く誓ったkusuでした。




 続 く … 


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


ピアノランキング

2017/05/01 Mon. 00:10  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 4

top △

大人の楽しい一日 その1 

またまた、久しぶりの更新となってしまいました。

ブログの更新をさぼりまくっているワタクシです。

以前よりも、ブログの更新をしようという意欲がなくなってきています。

何といっても、普段は勤務先と家との往復ですからね~。

「仕事が忙しすぎるんだよ!」なんて記事を、毎回書いても面白くないですしね…。



久しぶりに、超楽しい経験をしましたので、簡単に?記事にしたいと思います。
(でも、簡潔に書けないので、ダラダラになりそう…ご容赦ください)

4月29日のことですが、大人のブロとも様たちとの交流を企画していただき、参加させていただきました。

メンバーは、素敵なおねえさまお二人…望月先生&ひさへさん
      ジェントルマンお一人…ピアノ弾きの物理学者さん     プラス、ワタクシの4名で、

・ピアノ弾き合い会
・夜のアルコール消毒付き懇談会

に、参加させていただきました。

今回参加されたブロ友さま達とは、ワタクシがブログを立ち上げて間もないころから、

コメントなどをやり取りさせていただいたかた達ばかりです。



この一大イベントの前に、物理学者さんより「お昼をご一緒しませんか~?」という

お誘いを、数日前にいただきました。

予定していたはずのレッスンが、先生のご都合で無くなってしまったとのことで、急遽決定。

物理学者さんのピアノの先生は「超絶美人でめっちゃ可愛い」らしいのですが、

ワタクシは「超絶ブサイクで、チビだから、カワイイと言えなくもない?」といったレベル…。

しかも致命的なことは、ワタクシが今回のメンバー中、最高齢の「ババア」であること。オーマイガッ!

S先生と対極に位置してますな~。ごめんなさーい! m(__)m



待ち合わせ場所は、秋葉原駅の近くの警察署。

久しぶりの秋葉原駅は、きれいになっていてビックリ!

電車のホームから、電気街への行き方は知っているから迷わずに行けたが、改札前の変わりように驚く。

警察署への方向は分かっているので、歩き始めたのはいいけど、

駅前が様変わりしすぎて、歩きながらだんだん不安になってくる。

秋葉原は昔、まだ純粋に「電気街」だった頃に良く来ていたけど、いつ行っても人が多かったので、

「オタク街」と化した、現在の秋葉原の人出はさぞや…と思いきや、やっぱりすごかった…。

「そこどけや!」と、たらたら歩いている兄ちゃんたちの尻を蹴りたくなったくらいよ!

兄ちゃんたちの背中を睨みつけながら歩いていたせいか?曲がるべき道を華麗にスルーして、

一人あさっての方向に歩き出すkusu…。

方向音痴すぎるkusuは、無事、物理学者さんと合流できるのでしょうか?



広い通りに出て、ようやく行き過ぎたことに気づき(もっと早く気づけや!)来た道を戻り、

ようやく、物理学者さんと合流。歩道際の地上機器(箱型の配電設備)から、頭だけが見えてました。

何でも、待ち合わせ時間よりも30分前にいらしていたということで、平謝り。

それにしても、30分前かぁ…

警察署の前でもあるので、「職質されちゃいました?」とお聞きしてみたら、「大丈夫でした」とのお答え。

でも、30分以上も警察署の前にいたら、あからさまに怪しい人ですよね~。



行ってみたいとリクエストさせていただいた「喫茶 ショパン」に、ランチをするために到着。

ここで、ショパンさまの曲を聴きながら、名物メニュー「アンプレス」を食べるのを楽しみにしていたのよ~♪

でも、何となく喫茶店内では、話しずらい雰囲気でもあるわよね~。クラシック喫茶だし…。

なんて思っていたら、物理学者さんが「残念なお知らせです」と、ぽつりとひとこと。

「何が?」と思って、喫茶店のドアを見ると

本日休業

の文字。なんでやねん(´;ω;`)



ということで、仕方なく、弾き合い会のスタジオがある最寄り駅まで移動。

入ったお店は「モスバーガー」!(モスバーガーさんの「焼肉ライスバーガー」と「ホットドッグ」は美味いよね)

ま、こういうハプニングもありかな?



いちばん笑えたのが、物理学者さんが「ガムシロップは飲み物ですよ~」と言って、

ガムシロップのピッチャーを開け、中身を飲み干したときでした。

「doctor-X」の米倉涼子さん演ずる、大門未知子医師の、あのガムシロップを飲み干す?シーンが頭をよぎり、

「ガムシロップ飲む人って、本当にいるんだ?」と、笑いがこみ上げてきちゃいました。

だって、ガムシロップを飲むシーンって、ドラマの中の演出でしょ?

ガムシロップ飲むシーンー1     ガムシロップ飲むシーンー2    ガムシロップ飲むシーンー3
物理学者さん、ぜひこのシーンパクってください(笑) でも、飲み過ぎると太るわよ?



 続 く … 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

ピアノランキング

2017/04/30 Sun. 20:27  edit

Category: ピアノのある日常

tb: --  |  cm: 2

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。